みなさま、こんにちは。ご無沙汰してます。

最近やたらと仮想通貨の話が賑やかで、昨年まではどうせバブルでしょ?とスルーしていたのですが、さすがに祭りに参加したくなり、口座開設をし始めています。

ビットコインを買うには取引所というところで口座を開設する必要があるのですが、金融取引ということもあり本人確認などで結構時間がかかります。

取引所によって取り扱っている仮想通貨が違っていることもあり、とりあえずかたっぱしから口座開設をしているところです。

仮想通貨の取引所って?

有名どころだと、

・ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・コインチェック
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

・zaif
https://zaif.jp/
の他に、GMOもやっているということでGMOコインでも口座開設をしてみました。

GMOコインの口座開設キャンペーン

今ならビットコイン(20,000Satoshi)がもらえるそうです。
ちなみに、Satoshiとは、ビットコインの通貨単位の最小単位で、1 Satoshiは0.00000001BTCに相当するそうです。

今だいたい1BTCが2,000,000円くらいなんで、だいたい400円くらいですかね。口座作るだけでもらえるみたいなんで、今の間に口座だけ作ってこれがいくらになるか放置するのもアリですね。

いつもらえるかというと、口座開設が完了した翌日に、GMOコイン内のお客様口座に振り込まれるそうで、このキャンペーンは2017年8月9日(水) 16:00 からやっているそうです。

あまりのブームでキャンペーンもいつの間にか終わってしまいそうですね。

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン

せっかくなんでみなさまも口座開設だけでもやってみてはいかがでしょうか。

gmoコイン、口座開設までの時間は?

公式サイトによると、口座開設時にご提出いただいた内容について、社内審査をさせていただくということで、審査自体は1〜2営業日後にメールで連絡がくるようです。
私の場合は週末に申し込んだこともあり、翌週の水曜日にメールがきました。ただ時期とか人によるようです。

ここからはGMOコインの口座開設方法についてお伝えしていきたいと思います。


ここからアクセスするとこんな画面が出てきます。真ん中あたりに「無料口座開設」という赤いボタンがあるのでクリックして登録ページへ移りましょう。
メールアドレス入力のほかにフェイスブック・グーグルアカウントなどを使って認証することもできますが、個人的には連携させたくなかったので、捨てアドを作ってメールアドレスを登録しました。

捨てアドを作るのが面倒な人は携帯メールアドレスで作って、頻繁に営業メールが届くようであればブロックする方法もアリかと思います。

とりあえずメールアドレスを入力してから画面の「私はロボットではありません」にチェックを入れ「無料口座開設」をクリックします。

「私はロボットではありません」ってよく見ると思うのですが、これをクリックするだけで業者からすると人間がちゃんと登録してるのだなと判断できるシステムになっているのですごいですね。

そんなこんなで登録が終わると、GMOコインから登録したメールアドレス宛てにメールが送られてきているので、そのメールに記載されているリンクをクリックし、パスワードを設定するとログインが完了します。

私個人の経験と知識として、口座を作りまくるのは利便性の意味で大事なのですが、パスワードを使い回すのはお勧めできません。
最後の文字をちょっと変えるとかもダメです。

googleとかで「パスワード 生成」のような検索キーワードで自動生成してくれるサイトが表示されますので、面倒でも個別に作成してノートのメモることをお勧めします。

脱線しましたが、この時点では仮口座という扱いなので、ログインしたページの下にある「口座開設」を押して氏名、住所、口座情報など詳細な情報を入力します。

仮口座の状態では仮想通貨の預け入れ・送付のみしかできませんが、口座に本人確認を行うと日本円入出金・現物取引・FXが利用できるようになります。

gmoコインの口座開設は本人確認が必要?

どうやら必要らしいです。昨年、仮想通貨取引に関する法律が施行され、仮想通貨取引を行う前には身分証で利用者の本人確認を行う必要があります。

GMOコインでも口座開設申込フォームで本人確認書類のアップロードができるようになっています。
本人確認の方法は2つ用意されており「本人確認書類のアップロード」「受け取り時に本人確認をする」から選ぶことができます。
ここでは本人確認書類のアップロードについて開設していきたいと思います。

GMOコインで利用できる身分証は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどから選択できます。運転免許証の場合は裏表のそれぞれの画像を撮って、別のフォームから画像を選択してアップロードします。
そしてGMOコインから送られてくる本人確認書類の受け取り希望の日付と時間帯を選択して申込は完了です。

GMOコインの口座登録で葉書はいつ届くのか?

最短で3日ですが人気がありすぎて遅くなっているという噂もあります。まだ手をつけない人も口座登録だけはやっておいてもいいかもしれません。

ポイントは安く買って高く売るです。

仮想通貨自体は現状として怪しんでいる人も多いかもしれませんが、システム的には今後一般的に広まっていきますので、いいタイミングで参入できるといいですね。

GMOコインに登録がおすすめ人ズバリ

GMOコイン自体は現物取引に対応していませんのでFXに近いかもしれません。「GMOコインで仮想通貨の現物を購入または売却する」仕組みですので、「GMOコインと取引を行う」ということになります。

2017年12月の時点では、GMOコインにはZaifのような「ユーザー同士で仮想通貨の売買を行う取引所システム」ではないということです。今のところですが。

ただ、仮想通貨を取り扱っているビットフライヤーやコインチェックと違って母体がでかいので急に取引所が消えるというこはなさそうです。
何と言ってもグループ会社のGMOクリック証券は2005年に設立、近年だと5年連続でFX年間取引高が世界1位という実績がありますので、後発ではありますが取引としては安心かもしれません。

とりあえず私は仮想通貨御三家のビットフライヤーとコインチェック、zaif、そしてGMOコインで口座を作ってみました。作った時はすぐ買いたかったので、実際に仮想通貨を買うのに時間がかかるとは思っておりませんでしたので、もし興味があるなら口座だけでも作ってもいいかもです。

・ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・コインチェック
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

・zaif
https://zaif.jp/
の他に、GMOもやっているということでGMOコインでも口座開設をしてみました。

いろいろ仮想通貨を買ってみたので、そのうち結果報告的なことをしていきたいと思います!

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン