%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e9%82%84%e5%85%83%e7%8e%87

先日、ふるさと納税の家電について、記事にしてみてところ結構反響があったので、家電だけじゃなくて全体の還元率というかもらってお得なものNo1を探してみました!やっぱり「ふるさと納税」の魅力は、応援したい自治体に寄付できるということもありますが、お礼としてもらえる特産品や特典に目がくらんでしまうのは私だけでしょうか??色々調べてみましたので見て行ってください。

スポンサーリンク

ふるさと納税ランキングの還元率とは?

ふるさと納税をする際にやっぱり気になるのは、返礼品の還元率ではないでしょうか。

返礼品の還元率とは、具体的には1万円の寄付をした場合にいくら相当の返礼品がもらえるかということで、還元率が高いお礼の品の方が人気があるようです。そりゃそうですよね。返礼品の中には高還元率な、還元率が50%を超えているものまであります。ただ、やっぱり中身を見ないと、還元率ばかり気にしても自分にとって魅力的でなければしょうがないですよね。

ふるさと納税 どこを経由して申込むか?

あまりご存じない方も多いのですが、実はふるさと納税サイトによっても、検索できる返礼品の種類が違うので、色んなサイトを見て比較するのも楽しいと思います。ただ、色々ありすぎて迷いだしたら止まらないので、ある程度これって決めたら早めに申し込まないと12月は自治体への申し込みが殺到する時期なのでほしいものがもらえない可能性があります。返礼品って数が限られているのですよね。

また、ふるさと納税サイト自体も、競合している他のサイトに勝つために自サイトを通じてふるさと納税をした場合に「特典」を打ち出しているケースが増えてきています。ただでさえお得なふるさと納税がさらにお得感を増しています。 利用者にとってはいいことづくめですね。
いくつかふるさと納税サイトを調べましたのでご紹介しますね。

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスでのクレジットカード決済はYahoo!公金払いを利用することができるので、Tポイントでふるさと納税が可能です。
ふるさと納税サイトを古くから取り扱っていることもあり全自治体の情報が載っていますが、1ページの情報量が多過ぎてサイトが重たいです。
また、ここから申し込んでも、残念ながらポータルサイト独自のキャッシュバックはありません。

【メリット】
1.寄付できる自治体数が多い(全自治体1,788)
2.クレジットカード決済はYahoo!公金払いのためTポイントで寄付金を支払うことができる。
【デメリット】
1.サイトが重く初心者に分かりづらい

楽天ふるさと納税

このサイトからふるさと納税をすると楽天ポイントがたまります。楽天のイベントに寄付のタイミングなどを合わせれば、寄付額の10%以上を還元してもらうことも可能です。

楽天ふるさと納税の10/30現在のランキング1位はこの商品でした。クリックすると楽天ふるさと納税に飛びます。


【ふるさと納税】PREMIUM PORK尾鈴豚

【メリット】
1.寄付金額の1%分の楽天ポイント付与
2.楽天で商品を買うイメージでふるさと納税ができる
【デメリット】
1.去年までは寄付できる自治体数が少なかった(現在の自治体数100超)

さとふる

ここのふるさと納税ポータルサイトはソフトバンク系列ですが、ここだけ実店舗やさとふる専用のコールセンターがあるので今までふるさと納税をやったことのない人にとっては問い合わせ先があるということはハードルが低くなりますね。

また、このサイトだけマイページ管理という機能があり、どこにどれくらい寄付をしたか管理ができます。このマイページ機能ではさとふるで寄付した金額だけでなく、他のサイトで寄付した金額も入力することができ、とても便利です。

他にも、返礼品の配達月を選択することができるので、年末にまとめて手続きしても、年始にお礼の品がまとめて届いて処理に困るという事がなくなります。この機能は今のところさとふるだけです。

【メリット】
1.分からない時に問い合わせがしやすいので初心者にやさしい
2.お礼の品の配達月を選べる
【デメリット】
1.お礼の品のレビュー件数が少ない
2.自治体数が少ない

さとふるへのサイトへは以下から行くことができます。

納税で毛ガニが貰える!さとふる

ふるなび

ふるなびは登録されている自治体数は少なめですが、家電の取り扱いが充実しています。たとえばVAIOのパソコンやパナソニックのテレビ、キヤノンのカメラなど色々豊富に取り揃えています。

【メリット】
1.家電を狙うならこのサイト
2.サイトがシンプルで見やすい
【デメリット】
1.家電以外の返礼品が少ない

ふるなびへのサイトは以下から行くことができます。

「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

ふるなびグルメポイント

このサイトはちょっと特殊で、返礼品として物ではなく、寄付金の30%が食事券ポイントとなり、有名店で使用することができます。

例えば、物が届いても調理するのが手間だと感じる方であれば、普段は行けないような飛騨牛や松坂牛を取り扱った高級店でポイントを使用することができますのでお勧めです。

お店も高級店揃いで実際に使えるお店は以下から見てもらえると知っているお店ばかりだと思います。

【メリット】
1.お店でポイントとして利用することができる
【デメリット】
1.ものは届かない
2.利用できるお店が東京・大阪・名古屋に限られる

ふるなびグルメポイント

このほかにもこんな記事を書いています。
→ ふるさと納税で家電をもらう予定!2016年は家電がさらに増えてる!
→ ふるさと納税で人気!5000円の寄付でもらえるもの特集!!
→ ふるさと納税ランキングの牛肉No.1を調べてみました!

ふるさと納税 還元率ランキングはこちら!

いよいよ還元率ランキングについてご紹介いたします!

1位 :佐賀県嬉野市

「 [佐賀県嬉野市]佐賀牛 切り落とし1Kg 」
寄付金額:10,000円

[佐賀県嬉野市]佐賀牛 切り落とし1Kg

2位 :神奈川県山北町

「 和洋中おせち「鳳凰」」
寄付金額:30,000円
[神奈川県山北町]和洋中おせち「鳳凰」

3位 :北海道八雲町

「【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ」
寄付金額:10,000円
【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ

4位:福岡県春日市

「 博多樽味屋の牛もつ鍋と辛子明太子セット 」
寄付金額:10,000円
博多樽味屋の牛もつ鍋と辛子明太子セット

5位:佐賀県唐津市

「 【平成28年産】特別栽培米 夢しずく 15kg (5kg×3) 」
寄付金額:10,000円
【平成28年産】特別栽培米 夢しずく 15kg (5kg×3)

6位:北海道白老町

「 牛の里ビーフハンバーグ110g×10個、特製ソースの詰合せ 」
寄付金額:10,000円
牛の里ビーフハンバーグ110g×10個、特製ソースの詰合せ

7位 :佐賀県嬉野市

「 佐賀牛 A5サーロイン ステーキ用800g(2-3枚入りセット) 」
寄付金額:20,000円
佐賀牛 A5サーロイン ステーキ用800g(2-3枚入りセット)

8位:佐賀県唐津市

「【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ10個」
寄付金額:10,000円
【創業60年】老舗肉屋の特上ハンバーグ10個

9位 :福岡県那珂川町

「 ”モ~“ひと頑張りビーフカレー180g×25袋セット 」
寄付金額:10,000円
”モ~“ひと頑張りビーフカレー180g×25袋セット

10位:和歌山県湯浅町

「 田村みかん【秀品5キロ】サイズおまかせ/紀伊国屋文左衛門本舗 」
寄付金額:10,000円
田村みかん【秀品5キロ】サイズおまかせ/紀伊国屋文左衛門本舗

ふるさと納税 還元率ランキングの解説

還元率ランキング1位は、佐賀県嬉野市の「佐賀牛 切り落とし1Kg 」でした!このランキングは「さとふる」のデイリーランキングを参考にさせて頂きましたので、毎日順位が変わっていて見るだけでも楽しいですよ。

ふるさと納税経験者に話を伺いました

まずは、ふるさと納税を毎年行われている方に、ふるさと納税をまだ行ったことがない方へのメッセージをいただきました。

ふるさと納税というと、返礼品の豊富さや豪華さというところにクローズアップされがちですが、本来の趣旨であるふるさとへの恩返しというところに目を向けてみましょう。

このふるさと納税の方法では、今別の地域に住んでいる場合であっても。生まれ育った市町村に寄付することができます。

一度故郷を離れるとついつい疎遠になってしまいがちで、さみしいものですが、こういった形で恩返しするというのはどうでしょうか?

返礼品の中には懐かしのふるさとの味なども含まれていることもあると思います。そこで再びふるさとを思い出し懐かしむ、大変いい機会になると思います。

また寄付した金額を何に使用してもらうかということも選択できます。使途を選択できる税金ということで、なおさらふるさとへの貢献が果たせる機会となると思います。

ぜひ1人でも多くの人にふるさと納税を利用してもらい、ふるさとへの恩返しをしもらえたら、地方の活性化にも繋がると思います。

こういう考え方もあるのですね。
その方に、返礼品の選び方についても伺いました。

ふるさと納税といえば、返礼品の豊富さや、寄付額によって大変お得になるということで、たびたびメディアでも取り上げられています。

寄付の仕組みと方法さえ知れば、とってもお得に欲しい品々を手に入れられるふるさと納税を利用しないわけにいきません。

ふるさと納税は、簡単にいうと家庭ごとの限度額までの寄付であれば、負担額が2000円で、各市町村自慢の特産品を手に入れることができる仕組みです。

返礼品には、お米や肉、魚介類、お酒、各市町村の温泉宿泊券やパソコンなど大変幅広く取り揃えられており、選ぶのが難しいと思ってしまうほど豊富なラインナップとなっています。

ふるさと納税専用のサイトもいくつかあり、そこからだとわざわざ銀行などに振り込みに行かなくても、ネット上から寄付が可能であったり、大変便利で簡単に行うことができます。

自分の限度額や返礼品の詳細を確認することが可能ですのでぜひ一度サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

16年分は12月31日まで受付を行っている自治体も多いですので、まだやったことのない人は是非やりましょう!

今度は逆にまだ行ったことのない方の意見を聞いてみました。

ふるさと納税には以前からかなり興味があります。

しかし、TVで放映されているふるさと納税のシステムなどを見ると、いつもサラリーマンを対象としたかたちの税処理方法やらその他具体的ステップしか目にしたことがありません。

サラリーマンは確定申告処理しなくても自動的に税金の処理をしてくれるようなので、大変便利だなぁとは思うのですが、自営業の場合、どのようなかたちになるのでしょうか。

また、ふるさと納税に回せる上限額はいくらになるのかなど、自営業の場合の細かなやり方がいまいちよく理解できていません。

正直、自営業であれば気持ち的にはできるかぎり控除額を増やして確定申告時の納税額を減らしたいので、ぜひともこのふるさと納税は試みたいですね。

しかし、確定申告時に自治体から書類取り寄せして計算までするとなると、手間暇がかかりめんどくさいですね。

この過程を経なければならないのであれば、ふるさと納税をするのに少し躊躇してしまいます。

絶対数的に多いと思われるサラリーマンだけのケースを取り上げるのではなく、メディアは自営業のケースにおいても詳しく説明してほしいです。

確かに自営業の方のケースはあまりインターネットに載っていませんので、難しく感じられる方も多いかもしれませんが、行わないと損をしますので、必ず行いましょう。

限度額内であれば二千円払うだけで特産品が届くので、まずは少額からでもやってみるのはいかがでしょうか。

最後に実際にやってみて、届いた返礼品についての感想をいただきました。

ニュースを見て、ふるさと納税をしてみました。まずは返礼品として牛肉のすき焼き用を選びました。

お店にすき焼きはまず食べに行きません。

ふるさと納税は限度額を越えなければ高級品を選んでも、選べる品物数が減るだけと認識して、せっかくなので高級肉を頼みました。

2人前500gで10000円のものです。北海道で競馬のディープインパクトが余生を過ごしている町の牛肉を選ぶと、品物と一緒に町のパンフレットも入っていました。

行ってみたいけど埼玉に住んでて遠いので行くのは難しいです。品物はクール宅急便で届きました。お肉はとても柔らかくて一枚ごとにラップで包まれていて20センチ程の大きさで食べごたえもあり大満足でした。

自分ではまず買っていません。そもそも、そんな良いお肉が近くに売っていません。ふるさと納税だから贅沢しちゃえました。

ふるさと納税は品物からと金額からも選べるので、品物がメインで自治体を選びました。すきやき肉だけでもたくさん選べるので、嬉しく迷えます。お金を払うというよりポイントで品物を選ぶ感覚でした。

この、お金でものを買うのではなくてポイントでものを選ぶ感覚というのが一番しっくりきますね。

まだ躊躇されている方がいらっしゃれば試しに一万円分でもやってみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

この記事では、各ふるさと納税サイトの違いと勝手にふるさと納税ランキング還元率No1を発表させていただきました!

最近では、各自治体が還元率の良い返礼品を用意しているので、サイトで検索して、どれにするか迷ってしまいますが、ふるさと納税を楽しんでみてください!