ものすごい話題になっていますね。寺坂農園(メロン)犯人は誰問題ですが、整理すると寺坂農園というメロン農家さんのメロンが除草剤をまかれることにより全滅したという事件の犯人は誰かという問題です。被害にあったメロンの数は6,600玉。ものすごい損害額です。ネット上では犯人はわかっているようです。調査しました。

スポンサーリンク

寺坂農園(メロン)犯人は誰??

さっそくですが寺坂農園のメロン犯人は誰ということで、ネット上での答えはメロン農家の関係者ではないかといわれています。

もともと寺坂農園さんはすごく儲かっているようで周りの同業の方から嫉妬されていたと推測されており、その根拠として寺坂農園さんご自身のFacebookで犯人が捕まりそうって書いていました。(その後修正される)

 

寺坂農園(メロン)犯人、実は同業者じゃない??

ただ、ネット上では関係者と見せかけた犯行ではないかという意見も出ています。

というのも寺岡農園はメロンを直販して売り上げを伸ばしているのですが、JAやメロン農家関係者が犯人だとすると、そもそもこんな事件が発生した時点で富良野全体のメロンの風評が悪くなり、誰も得しないのではないかという点です。

そこで浮上したのが、メロンではない農業関係者、もしくは従業員、という線です。

 

スポンサーリンク

寺坂農園(メロン)犯人、結局は誰

というわけで、犯人はおそらくそのうち捕まるんだと思いますが、このような事件は悲しいですね。

最後にツイッターの意見をご紹介していきたいと思います。

 

JA職員的な観点で言うならメロン農家に除草剤ぶっ放した事件、6棟全部に一発で枯れる量となれば相当の数量を購入しないといけないから、そんなのすぐ足がつくのよ。農家以外だったら凄い目立つし、同業者でも面積から本来必要な数量割り出せば過大な購入してるのはすぐ分かる。
メロン農家のアレ、基礎ゼミで宮城県某所にある減農薬栽培やってる農家に見学行った時に「減農薬栽培を始める際に周りの農家さんや農協から『迷惑だからやめてくれ』みたいなこと言われなかったんですか?」って質問したら「日本の農業についてよくご存知ですね」とかいう意味深な解答来たの思い出した
例の北海道のメロン農家の事件、どうやらその地域の農協から村八分にあい抜けざるを得なくなり一発念起してメロンに挑戦したら大当たりし、それにムカついた人がやった…という話がチラホラ。本当のところはどうなのか分からないが、実際、農協などのそういう話はとても多いのでなんとなく分かる気も
除草剤を使われる被害にあったメロン農家の件、ブログに「模倣犯や風評被害の恐れ、犯人未逮捕のため、取材・報道はお断りします」って書いてあるのに、twitterには「✕✕報道局のものですが取材良いっすか?」ってリプはつくわ、ウェブニュースにはなってるわで、一体全体どうなってんだ…??
メロン農家除草剤事件、犯人は地元の農家だろうな
クソで有名な北海道の農協から抜けて独自の販売ルートをコツコツ作って村八分状態で億単位の売り上げだったらしい、排水線の加工や噴出機を使った除草剤散布も完全にスジの人間の仕業だろう

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。