%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

ハリーポッターシリーズのスピンオフ作品である「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が2016年11月23日に公開されることが決定しましたね!ハリーポッターシリーズのファンの方にとってはとても待ち遠しかったのではないでしょうか。この記事では「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のあらすじとハリー・ポッターとの関係についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」とは?

この作品はハリーポッターに登場するホグワーツ魔法学校で登場する教科書『幻の動物とその生息地』をもとに作られた映画で、全5部作となっています。ファンタスティック・ビーストが話題になった時は全3部作と発表されていたのですが、途中から全5部作に変わりましたね。今回は5部作のうちの第1作目、期待の作品「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のあらすじをご紹介していきますね。

ファンタスティック・ビーストの主人公は、ハリー・ポッターが授業で使っていた教科書『幻の動物とその生息地』の著者であるニュート・スキャマンダー。
場所は「ハリー・ポッター」シリーズの約70年前である1926年のアメリカ・ニューヨークが中心となっております。

ファンタスティック・ビーストを観に行く予定の人は、ハリー・ポッターを復習しておきましょう!

今なら期間限定でU-NEXTでハリー・ポッターシリーズが全部見れます。さらに、新作などが600円分無料で観られるU-NEXTポイントもついてきます。31日間無料なので試しに観てみてください。

U-NEXTの申し込み方法の流れを書いてみました。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のあらすじ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%92%e3%82%99%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%97%e3%82%99

この映画の主人公であるニュート・スキャマンダーは魔法省に努める魔法生物の研究家です。彼は魔法生物を愛しており、人と関わるよりも動物たちといたほうが落ち着くといった変わった性格であったために周りからは変人と呼ばれています。

そんな魔法生物の研究家であったニュート・スキャマンダーは『幻の動物とその生息地』の調査を終えてニューヨークに短期滞在しており、彼はひとつのスーツケースを持っていました。

そのスーツケースが魔法のアイテムになっており、スイッチを入れると中身が魔法使いにしか見えなくなる仕組みになっています。

そんな魔法のスーツケースにいっぱい詰められた魔法生物がトランクの故障によってどんどんと逃げ出すというトラブルに見舞われます

もちろん、魔法生物を逃がしたことはアメリカ魔法界とマグル界(非魔法界)を危機にさらすことだけでなく、このことが米国魔法省にバレると追われる立場になってしまいます。

慌てて探すのですが、物語はそれだけで終わらず。アメリカ魔法界の壊滅を狙う謎の組織まで登場し、彼はピンチに陥ってしまう…といった内容になっています。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」にあのキャラも登場!?

そんなこの映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」にはハリー・ポッターシリーズに登場し、ハリーたちに力を貸したキャラクターも登場します。

ファンタスティック・ビーストの主人公、ニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法学校の卒業生であり、過去に魔法生物で騒ぎを起こし退学になりかけたことがあったのですが、退学になりかけたところを一人の教師が庇い、ニュート・スキャマンダーの退学は免除されたという事件があり、その教師こそがあのダンブルドアだったのです。

本作品ではダンブルドアの登場はないと発表されていますが、全部で5部作のうちの1作目のファンタスティック・ビースト。
なので今後の作品にダンブルドアの登場が期待されますね。

スポンサーリンク

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の原作は??

余談ですが実際に日本で出版されている『幻の動物とその生息地』(清山社ペガサス文庫)という本の表紙は、赤いジャケットにひっかいた爪痕があるデザインとなっています。
もしかして、その爪痕は魔法生物がつけたものなのでしょうか?実はこの『幻の動物とその生息地』は実際にハリーたちが授業で使っていた教科書、を復元した設定で出版されており、中にはハリーたちが書いたとされる落書きまでプリントしてあるという、ファンにとってはハリーの授業を再現されたような感じで嬉しいですね。

この『幻の動物とその生息地』は「ファンタスティック・ビースト」のあらすじなどが載っているわけではなく、あくまでも「ハリー・ポッターたちが使用していた教科書」として出版されているので本編を知りたい方は実際に見に行くのがベストでしょうね。

もし映画館に行くのであれば、前売り券に特典がついてますのでお得ですよ!前売り券は公開前日の11月22日まで販売していて、別の記事でも書きましたので、興味があれば見てみてください。→ 「ファンタスティック・ビースト」前売り特典第3弾、コンビニ比較など

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のあらすじ動画3本が発表

先日、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の特別映像が公開されたのですが、特別映像はなんと3本追加されていいます。

特別映像の内容は主人公の紹介である「ニュート編」、ニュート・スキャマンダーが操る魔法動物の紹介の「ビースト編」、映画内で繰り広げられる「アクション編」の3本となっており、合わせてご紹介していきますね。

「ファンタスティック・ビースト」あらすじ動画・ニュート編

この動画は主人公であるニュート・スキャマンダーのキャラを紹介しているのですが、ここで出てくる魔法動物の二フラーはキラキラしたものが大好きです。

そんなニフラーがキラキラしたものをお腹の中に詰め込みながらも主人公ニュート・スキャマンダーに向ける眼差しを見るだけで、ニュートが魔法動物からも愛されていて特別な存在であることがわかりますね。

「ファンタスティック・ビースト」あらすじ動画・ビースト編

ニュート編で紹介されている二フラーのほかにも、ピケットという内気な性格の緑色の木の妖精ボウトラックルや、デミガイズという名前の大きな黒い目で銀色の毛に覆われたサルの妖精、羽ばたきで嵐を作り出すことができ、危険を感じ取ることもできるサンダーバードなど、色んな魔法動物の紹介を「ビースト編」でされています。

「ファンタスティック・ビースト」あらすじ動画・アクション編

本作品のヒロインであるティナ、魔法界では魔法使いではない人間の事をマグルと呼び、今までハリー・ポッターシリーズでは一度も登場していないマグル(人間)のジェイコブティナの妹であるクイニーというニュートの仲間になる3人について描かれています。

この人たちが魔法界と人間界2つの世界を危機から救うために力を合わせて戦っていくわけですね。

この記事のまとめ

やはり、新しい映像が公開されていくとこちらとしてはワクワクが倍増してきて、待ち遠しいですね!
おそらくこれからもっと色んな情報が出てくると思いますので、楽しみにしててください!

個人的には「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を映画館に見に行く前に、U-NEXTで一気にハリー・ポッターシリーズをおさらいしてから挑みたいと思います!

今なら31日間無料で申し込みも簡単だったので記事にしてみました。

U-NEXTの申し込み方法の流れを書いてみました。

ご興味がありましたらこちらも読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!