スポンサーリンク

ダウンタウンの松本人志がプロデュースするAmazonビデオ「ドキュメンタル」が始まって第3話まで放送中です。
とりあえず2話まで観ましたのでネタバレ含む感想を書いていきたいと思います。

ドキュメンタルとは?

松本人志がプロデュースしている「ドキュメンタル」とは、芸人10名による「密室笑わせ合いサバイバル」です。

このドキュメンタルに参加する芸人は1人100万円の参加費を支払い、6時間の制限時間内に他9人を笑わせて自分が最後まで生き残ると賞金1000万をもらえます。

一応、100万を出し合ってその合計の金額1000万を優勝者がもらうっていうことだと賭博罪になるらしく、形式としては100万が参加費でスタジオ代などに充てられ、優勝者はスポンサーから1000万円支払われるってことになっているらしい。

スポンサーリンク

参加者はこの10名

松本人志がこのサバイバルゲームに選抜したのは、宮川大輔、FUJIWARA/藤本、野性爆弾/くっきー、東京ダイナマイト/ハチミツ二郎、とろサーモン/久保田、トレンディエンジェル/斎藤、マテンロウ/アントニー、天竺鼠/川原、ジミー大西、ダイノジ/大地の10名

拾えたボケを箇条書きで

・天竺鼠/川原の自己紹介→「オール阪神の巨人です。」

・ジミー大西セーラー服で羊のぬいぐるみ2体にミルクをあげながら「親子やねん」
→で、ダイノジ大地が笑う→イエローカード

・アンソニーの技を誰が受けるかでモメる
→ジミー大西、斉藤、藤本がイエローカード

・アンソニーの技を大地が受ける
・斉藤がジミーのカツラをもらう
→ジミーの顔を見て笑う、大地も指摘を受ける

・ジミーが頭を洗い出す

別室でモニターを見ている松本がスタートとストップのボタンを押す。

ストップを押すとブザーがなって一時停止となる

松本が部屋に入り、笑った人を名指しする
まずはイエローカード

その次オレンジカード

・ジミーの後ろから輪ゴムを飛ばす
→ジミーが「熱っ!!」熱いと感じるよう
そのリアクションに宮川が笑いイエローをもらう

・野性爆弾/くっきーの提案で大助花子の大助に寄せ書きを送る
→野生爆弾/くっきーがその後大助ネタで押してくる

・斉藤が顔にライオンのたてがみを巻く
→AmazonのCMで出てくる犬にたてがみ

・野生爆弾/くっきーが大漁旗を出してくる→前面に大助の顔
・久保田がトレンディエンジェル/齋藤のライオンをぱくる
ジミーが笑う→オレンジ
・アンソニーが自分のまぶたを裏返しに
→全員無視する

この記事のまとめ

やはり私のライティング力だと芸人のボケを箇条書きにしても、何を書いているかわからない感じになってしまいました。

amazonPRIMEへのトライアル参加でドキュメンタルを観る