%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9

12/6のニュースで、残業規制「支障なし」が45%というものがありました。そもそも残業規制っていうのが分からなかったので残業規制について調べてみました。残業規制が始まったら問答無用で残業禁止になり、残業代を目当てで働いていた人たちはどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

本日のニュース内容

読売新聞のニュースでは、政府が働き方改革の一環で検討している残業時間の上限規制について、主要企業の47%が業務への支障を懸念する一方、支障がないと考える企業も45%と意見が拮抗していることがわかったそうです。

読売新聞がアンケートで調査したのですが、政府が2016年の9月に「働き方改革実現会議」(議長・安倍首相)を設置したことを受け、残業規制についてのアンケートを10~11月に実施。180社のうち143社(79%)が回答されています。

現在の法律では、企業と労組が労使協定を結べば、事実上無制限に残業ができるため政府は上限を設けたい意向で、アンケートの内容としては、今回の上限規制で「業務に支障が出る可能性があるか」との問いに、「どちらかと言えばそう思う」が36%、「そう思う」が11%、「どちらかと言えばそう思わない」が28%、「そう思わない」が17%だった。

残業規制ってなに??

現在の法律では、残業(時間外労働)は、労働基準法で原則として禁止されていて、労働基準法の32条2項で「一日について八時間を超えて、労働させてはならない」と定められています。

例外として労使で36協定を締結すれば残業させることができるが、告示で「1か月45時間」という上限が決まっている。ただしこの上限も「特別の事情」があればそれを超えて働かせることができるため、過労死ラインとされる月80時間以上の残業を行わせる会社が後を絶たないため、この「特別の事情」を厳格化し、新たな労働時間の上限を設け、罰則規制も新設される方向で検討しているのが「残業規制」です。

ツイッターでは、残業規制についてネガティブな意見が多く、内容としては「給料が減る」、「その前にサービス残業を規制してほしい」というお金がらみの意見が多かったです。

スポンサーリンク

働き方改革実現会議ってなに??

残業規制が検討されている「働き方改革実現会議」ですが、官邸のホームページでは、
「働き方改革の実現を目的とする実行計画の策定等に係る審議に資するため、「働き方改革実現会議」が設置されました。」と記載されており、メンバーは以下の通りです。

  • 議 長 安倍晋三 内閣総理大臣
  • 議長代理 加藤勝信 働き方改革担当大臣
  • 塩崎恭久 厚生労働大臣
  • 構 成 員 麻生太郎 副総理 兼 財務大臣
  • 菅 義偉 内閣官房長官
  • 石原伸晃 経済再生担当大臣
  • 兼 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
  • 松野博一 文部科学大臣
  • 世耕弘成 経済産業大臣
  • 石井啓一 国土交通大臣
  • (有識者)

  • 生稲晃子 女優
  • 岩村正彦 東京大学大学院法学政治学研究科教授
  • 大村功作 全国中小企業団体中央会会長
  • 岡崎瑞穂 株式会社オーザック専務取締役
  • 金丸恭文 フューチャー株式会社代表取締役会長兼社長グループCEO
  • 神津里季生 日本労働組合総連合会会長
  • 榊原定征 日本経済団体連合会会長
  • 白河桃子 相模女子大学客員教授、少子化ジャーナリスト
  • 新屋和代 株式会社りそなホールディングス執行役 人材サービス部長
  • 高橋 進 株式会社日本総合研究所理事長
  • 武田洋子 株式会社三菱総合研究所政策・経済研究センター副センター長 チーフエコノミスト
  • 田中弘樹 株式会社イトーヨーカ堂 人事室 総括マネジャー
  • 樋口美雄 慶應義塾大学商学部教授
  • 水町勇一郎 東京大学社会科学研究所教授
  • 三村明夫 日本商工会議所会頭

なぜ、元おニャン子クラブで女優の生稲晃子さんがいるのかというと、生稲さんが乳がん治療と仕事を両立させていることなどから、がん患者の社会参画などの面での発言を求める狙いがあるそうです。

過去にも2015年に設置された「一億総活躍国民会議」の民間議員として、同じく元アイドルでタレントの菊池桃子さんが選ばれれたりしているので、そういうものなのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

残業規制が始まると、残業代がある前提で生活をされていた方にとっては経済的に打撃を受けますので、緩やかに実施する方がよさそうですね。

サラリーマンの私としては職場改善のためにも残業規制を行っていただき、定時に帰れる日が多くなって家族と過ごす時間が増えれば幸せです。

最後までお読みいただきありがとうございました。