iPhone-googlemap-GPS

会社が社員に貸与している携帯ですが、ガラケーからiPhoneへの移行を現在進めています。iPhoneの設定については今のところAppleIDは社員に渡しておらず、私が所属している情報システム部で管理しています。

色々設定してから社員に渡していてアプリをインストールできないようにAppStoreを表示させておりません。そんな感じで運用していて今後も色々会社で試していることを発信していこうと思っておりますが、社員の方からiPhoneの問合せも受けるので、問合せの多い内容から書いていきたいと思います。

iPhoneのGoogle Mapの現在地(GPS)がおかしい

今となっては車の運転でカーナビを使わずにGoogle Mapを利用する人が出てきているくらい、なくてはならない存在になったGoogle Mapを代表するスマホの地図アプリ。ガラケーからiPhoneに変えたくない社員に携帯で地図見れるようになりますよと声掛けをしているくらい、出張の多い社員にとっては響く機能なのですが、残念なことにiPhoneのGPSが豪快にズレていることがあります。

というか社内にいるとズレてます。全然違うところ指してます。なので社員からGPSがおかしいと問合せを受けています。

はじめはiPhoneがおかしいのかと思ってiOSのバージョンアップを試したり、Google Mapなどの地図アプリを再起動してみたり、iPhoneごと再起動してみたりしていたのですが、色々調べてみてGPSの仕組みも少しわかってきました。

iPhoneのGoogle Mapの現在地(GPS)がおかしい理由

そもそもGPSとはGlobal Positioning Systemの略で、全地球測位システムまたは汎地球測位システムとも呼ばれ、人工衛星を利用して現在の位置を割り出すシステムで、もともとは軍事用として米国が開発した技術で、それが民間用として船舶や航空機からカーナビや携帯の地図アプリなどに利用されてきました。

GPSの仕組み上、衛星からの電波を受信することによって位置を把握するという方法なので、屋内や地下など空が見えない場所にいると正確な一の測定ができません。

もう1点、GPSは電波を利用しているので干渉物があると正確に情報を取得することができず、特に高層ビルの谷間などだと大きく位置がずれて表示されてしまいます。ちょうど会社が高層ビル群にあるので、社内にいると地図がちょっとズレてしまうようです。

利用者としては、街中の細かい道を調べるために使ってたりするのでビル内も頑張ってほしいところではありますが、現状としてはご理解を頂くしかなく、それでも少しだけでも修正の可能性がある方法をご紹介いたします。

GPSの位置情報を修正する方法

1.WiFiを一度ONにしてOFFにする

WiFiを接続するとその回線の位置情報も利用できるようになるので位置情報が大幅に改善します。一度WiFiをONにして正しい情報を取得し、目的地を調べるという使い方がいいかもしれません。ただ、WiFiを利用するとiPhoneのバッテリーの消費が早くなるのでその点だけ注意が必要です。

2.コンパスを立ち上げる

まれにGPSの情報がおかしくなっている場合があり、その際はiPhoneのコンパスを立ち上げると修正画面が出ますので、案内に従ってiPhoneをグルグルしてコンパス機能を修正することにより正常な位置情報を取得できる場合があります。

3.Google Map、iPhoneを再起動する

なんでも困ったらまずはコレ。まずはGoogle Mapなど地図アプリをいったん終了させて再度アプリを起動させることによって修正される場合があります。それでもダメな場合はiPhoneの上にある電源ボタンを長押しして再起動をしてみましょう。案外有効だったりします。

まとめ

GPSの仕組み上、これをすれば確実に位置情報が修正されるという方法がないので何とも悲しいのですが、少しでも意味がありそうな方法をいくつかご紹介しました。Google Mapの現在地がおかしいという問合せを受けたら、まずはGPSの仕組みを説明してご納得いただいてから色々試してみた方がよさそうですね。