みなさま、こんにちは、ITヘルプデスク課としては久しぶりの更新になりますが、PCユーザーからF7のFnボタン(ファンクションボタン)をカタカナに変換できないという問合せがありましたので、解決法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Fn(ファンクション)ボタンとは

いきなり具体的な話をしますが、文字を入力する際に今の入力モードを把握しないまま文字を入力して、例えば「.com」を入力したかったのに日本語モードになっていたばっかりに「。こm」と打ち間違えたりすることないでしょうか?

この場合にFn(ファンクション)ボタンのことを知っていると一発で解決します。

この場合だと、「。こm」と入力した時点でキーボードの上部にある「F10」ボタンを押します。

すると日本語全角で入力されていた文字が、英語半角に一発で変換されるわけです。

ちなみに、「F7」は「全角カナ」、「F8」は「半角カナ」、「F9」は「全角英字」、「F10」は「半角英字」に変換してくれます。

「Fn」ボタンを押しながら「F7」~「F10」のどれかを押す

この方法を知っている人は確実に多用しているわけですが、windows10の場合、これがキーボード下部にある「Fn」というボタンを押しながらキーボード上部にある「F7」~「F10」を押さないと変換されない場合があります。

windows10までは「Fn」ボタンを押さなくてよかったので、困っている人が多く、設定方法を調べてみると、BIOSの設定変更で修正することが出来ることがわかりました。

「Fn」ボタンを押さなくていい方法

BIOS画面から、キーボードの→などを使って「Configuration」の「HotKey Mode」と書いているところまで進み、「Disabeled」を選択して保存すると、「Fn」キーを押さなくていいようになるそうです。

スポンサーリンク

「HotKey Mode」っていう項目がない。

実際に私も該当のPCを確認してみると、BIOS画面に「HotKey Mode」という項目がありませんでした。

この画像の一番下の項目「F1-F12 as Primary Function」という項目を「Enabled」にすることで「Fn」ボタンを押さずにカナ変換ができるようになりました。

ご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。