改めてSkypeについて調べてみました。

どうやらSkypeとSkype for Businessがあるようで、名前から察するにSkype for Businessが法人向けに使えそうです。


スポンサーリンク

SkypeとSkype for Businessのざっくりとした違い

SkypeとSkype for Businessの違いについては、ざっくり分類すると、家庭用または従業員が20名までがSkype、それ以上の利用が考えられる場合はSkype for Businessがよさそうです。

SkypeとSkype for Businessの安全性の違い

そもそも全然違うっぽいのですが、なにより、安全性が全然違うようで、Skype for Businessではセキュリティ面で以下の機能が備わっています。

・通信相手の制限     :外部との通信を禁止できます。
・通信の暗号化      :ビデオ会議、通話、チャット、添付ファイルの通信を暗号化します。
・なりすましログインの防止:Skype for BusinessはOffice365の一部なので、AD認証などの多要素認証が設定できます。

なので、法人的にはSkype for Business一択だと思います。

SkypeとSkype for Businessの稼働基盤の違い

MicrosoftではSkypeを買収するまでは、Lyncという似たようなサービスを展開しており、Skypeを買収してからLyncの名前をSkype for Businessと変更していますので、稼働しているサーバがSkypeとSkype for Businessでは違うみたいです。

とりあえずSkype for Businessでは昔のSkype禁止令が出た時のように安全性が低いわけではないようなので、当社での導入を進めてもよさそうです。

SkypeとSkype for Businessユーザ間の通信はできるのか

ただ、SkypeとSkype for Businessの基盤が違うという事で、Skype for BusinessユーザとSkypeユーザが通信する場合に、Skypeユーザ側が使用しているSkypeは使えないので、Skype for Businessにブラウザ経由で接続する必要があるみたいなので、一般のSkypeユーザは混乱しそうですね。
https://support.office.com/ja-jp/article/Skype-for-Business-Web-App-%E3%81%A7-Skype-
将来的にはSkype for Businessで企業内IP電話にも対応していくようで、もしそうなったら社内のPBXがいらなくなる時代がくるかもしれないですね。

元々がLyncというサービスだったので、Skype for Businessのweb会議機能以外にも色々あるみたいで、その他の機能についても調べていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!